ソマチット仙骨療法のロザリオ社 ホームページ

太陽の輝きの 大 奇 蹟 !!! ー 十字架 ー 松山城 上空

2018年01月

聖母御出現 ー 1No.1-マリア様
ー 太陽の上に立たれる !!! ー
ー 聖母マリア様 !!!!!!!  (人類の希望) ー

明治以降 皇室は偽物 売国奴勢力に乗っ取られた。

 誠の スメラミコトは、別に現れるだろう。

 明治維新前に孝明天皇と息子の明治天皇は、英国ロスチャイルドに魂を売り渡した長州の売国勢力 伊藤博文と公家の岩倉具視らによって暗殺され  
長州 田布施の大室寅之祐(偽明治天皇)に乗っ取られた。 

 鬼塚英昭氏の新著『日本のいちばん醜い日』(成甲書房)を読むと、日本国家の真相は、明治維新で長州藩田布施一味に国家を乗っ取られたということで あることが解る。








 
 
大室寅之祐(偽 明治天皇)の出自と近代皇室について  (2002.5.7) 
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/nanboku4-1.html
日本の中央銀行、日銀は麻薬銀行として創立された。
 
しかし、中国と違い、日本では麻薬は売れなかった。 

困ったマセソンは、

福沢諭吉 と 天皇(※偽 明治天皇 大室寅之介)に 
相談し、    

日本人女性を誘拐し、
 
「 売春婦 」 として海外に​「販売」する事にした。

貧しい農村の女性には、海外で豊かな生活が出来るとダマシ、

良家の娘達には、洋裁学校を紹介するとダマシ、

天皇と三菱財閥は 日本人女性を「売春婦」として、海外に売り飛ばした。
 
偽天皇と 三菱の経営する船会社、日本郵船が、

ダマサレタ女性達を売春婦として海外に運んだ。 

大部分が 処女であった 日本人女性たちは !!!

船の中で、「売春婦」として教育するため、

英国人水夫達​に、毎日、強姦 輪姦 された。
 
これは偽天皇の「命令」である。


・・・ 天皇が 騙し !!! ・・・

・・・ 売春婦として !!! ・・・  

・・・ 海外に 売り飛ばした !!! ・・・  


日本人女性の数は 5 0 万人を超える 


多くの女性は 20歳代で 梅毒等の 性病で 死に !!!

または刃物で自分の喉を突き差して 自殺した



ニセ天皇一族の財産は こうして 造られた !!!


http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060828 
天皇のロザリオ 上巻 日本キリスト教国化の策謀 鬼塚 英昭 (著)より 

日本の作家で井上清の名を挙げた。2000年に濱田政彦の『神々の軍隊』がでた。この本の中で濱田は天皇の秘密資金に触れている。引用する。私のこれまでのストーリーを追認するものである。 
「皇室は蓄えた資産をモルガン商会を通して海外で運用していたが、金塊、プラチナ、銀塊などスイス、バチカン、スウェーデンの銀行などに預けられていた。(略)中でも国際決済銀行、通称“バーゼルクラブ”は、世界の超富豪が秘密口座を持つ銀行で、治外法権的な存在であった。(略)内大臣木戸幸一は、日米英戦争末期の昭和十九年一月、日本の敗北がいよいよ確実になると、各大財閥の代表(銀行家)を集め、実に660億円(当時)という気の遠くなるような巨額の皇室財産を海外に逃がすよう指示した。そこできれいな通貨に“洗浄”されたが、その際に皇室財産は、敵対国にばれぬようナチスの資産という形で処理された。スイスは極秘裏にナチスに戦争協力していたので、ナチスの名のほうが安全だったわけである。(略)皇室とバチカンとフリーメーソンの関係をたどっていくと、世界の闇が明らかになってくると思われる。おそらく戦後の皇室がえらく貧乏にみえるのは、その資産を戦後の日本復興に使ったからなのかも知れない。M資金の闇は深い。」 

濱田政彦の書いていることは間違いない。ただし、「おそらく戦後の皇室がえらく貧乏にみえるのは、その資産を戦後の日本復興に使ったからなのかも知れない」には全く賛成できない。私は昭和天皇が戦後も、マニングが書いているように蓄財作戦に熱中していたと思っている。天皇家の秘密資金の一部がM資金となり、多くの人々を悩ませたのである。 

マーク・ゲインの『ニッポン日記』には天皇の財産について詳しく書かれている。だがここではすべて省略する。初版本に書かれたことが、再版本では省略されているとのみ書く。1946年3月24日、マーク・ゲインは天皇の埼玉行幸を描いている。 
「天皇はただ一人で晝食をとった。天皇以外の我々は、冷たい飯と悪臭鼻をつく大根の漬物と、その紡績会社から出された刺身の小片を口に押し込んだ。窓からみると、女工たちが列をなして並んでいたので話をしようと思って戸外に出た。彼女等は恥ずかしそうにクスクス笑うだけで誰も答えてくれそうになかった。が、とにかく彼女等は「十五歳」‐最低就労年齢-で、一日九時間半働き、一日三円ないし五円 支払われていることを聞き出した。そこへ天皇が出て来たので、彼女等は最敬礼をし、支配人の号令一下、万歳を唱えた。それから彼女等の専制君主を見ようと首を伸ばすのであった。」 

当時の女性の日給は一日九時間半働いて一日三円ないし五円。1945年8月15日から約半年たっているので、インフレが進んだ後だから半年前はもっと安い。たぶん一円から三円であろう。 
計算機を手にして、当時の天皇がどれくらいの金を持っていて、海外の秘密口座に入れたかを計算されよ。そうすれば、その金額の天文学的数字がクローズアップされる。 
それでは読者にヒントを一つ与えよう。1945年10月にGHQが発表した皇室財産の内容は書いた。「土地・建物・木材・現金・有価証券(美術品・宝石は含まない)は37億2000万円。」木下道雄(元侍従次長)の『側近日記』が昭和天皇の死去の翌年の1990年に出版された。この本の解説は伊藤隆(当時東大教授)であった。彼は次のように書いている。 
「ところで終戦直後の天皇家の財産は37億5000万円だった。日銀物価価格統計により現在の貨幣価値の311倍で換算すると7912億円である。」 

この数字の十数倍近くをスイス銀行に送り込んで終戦工作に天皇は入ったのである。敗戦前の国家予算は100億円を切っていた。天皇は自らの生命を守るためと、このスイスの秘密預金を維持し、さらに増やすために戦後工作に入るのである。天皇の「キリスト教入信」対策は、この二つの大事なものを守りぬくべく実行された。国民は依然として雑草のような民草であった。
 

これが大東亜戦争を天皇が仕掛けた第一の原因だと分かるだろう。 
それでもあなたは、天皇陛下にむかって「天皇陛下バンザーイ」と叫ぶのであろうか。それとも、広田弘毅のように「天皇陛下マンザーイ」と叫ぶのであろうか。

太田龍が語る天皇の陰謀: http://youtu.be/gBcJdqHbp9A 偽天皇大室寅之祐の系譜 昭和天皇が日本を狂った戦争に引き込んだ。天皇と国家の上にあるイルミナティ その為に日本は実験動物の檻状態なのである

 
http://33109244.at.webry.info/201002/article_36.html 
上の画像 中央の華奢な人物が暗殺された本物の明治天皇(孝明天皇の息子が病死して養子という説も有り)
下の画像の大柄でいかつい人物が 偽明治天皇 長州 田布施出身の 大室寅之祐

「天皇破壊史」 

http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4880861324/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392 


目次 

なぜ天皇が「標的」として定められたのか 
神国日本を救った天智・天武の二代スメラミコト 
闇の世界権力による日本占領作戦が始まった 
日本史における最大のタブー、孝明天皇弑逆 
西洋文明への懐疑、孝明天皇の霊的直感 
フリーメーソンの下男・伊藤博文の明治 
日本西洋化に利用された明治天皇 
日本が収監された「日英同盟」という牢獄 
国際秘密力の魔法が日本を犯す 
昭和天皇の苦悩、宮廷内部の密告者 
昭和天皇と腐臣うごめく国家中枢 
この日本に具現したイルミナティの「蜂の秩序」 

 
第二次世界大戦 国際銀行家 日本支配への謀略
 

子飼いの売国偽天皇、フリーメイソン山本五十六など売国軍人の計

画により日本国家を崩壊させ、国際銀行家に莫大な負債を負わる。

敗戦後は、傀儡政府、マスゴミに3S愚民化洗脳政策を実行させ、

国際銀行家ロスチャイルド ロックフェラーによる支配を確立さた。


 

日本軍の中枢が米国派(ユダヤ・フリーメーソン)だった太平洋戦争 投稿者 トラトラトラ 日時 2002 年 10 月 18 日 06:11:42:
 
http://www.asyura2.com/2002/dispute3/msg/413.html

 
第2次世界大戦の真実③ 山本五十六は生きていた
「山本五十六は生きていた」と聞いて皆さんはどう思われるだろうか?「ヒットラーは生きていた」に続いて、ここまで来ると『もう、ついて行けない!』と踵を返す人も多いことだろう。しかし、彼がアメリカ留学中にフリーメーソンに入会していたことを知る人なら『さもありなん』と別に驚かない。
http://blog.livedoor.jp/ijn9266/archives/3475150.html

 

http://ameblo.jp/pinkglalem-kingfisher/entry-11252672655.html
 
昭和天皇の皇女・照宮成子内親王の舅で、香淳皇后の叔父に当たる東久邇稔彦が、 「大正天皇は子種がなく、代わりに貞明皇后に何人かの男性を当てがって産ませていったという。
だから、 昭和天皇の兄弟は皆、顔が違う」と語っていたことを河野司から聞いたと笠原和夫は語っています。

...............笠原和夫著「昭和の劇」から。

「昭和の劇」の東久邇稔彦の発言が引用しつつ、「木戸幸一日記」の島津治子の調書から昭和天皇の父親は西園寺八郎だとしています。 また別の歴史家の本には、明治天皇が昭和天皇の父親だとする説もあるそーです。

...............鬼塚英昭著「昭和のいちばん醜い日」から。

聖心の油・ラファちゃんの水・救いの品々

日本人の救いの品々を 紹介 頒布するサイトです

ran-r-7

救われるべき 日本人 の 最も 必要とするのが 
聖心の油 そして ラファちゃんの水 さらに 天啓の救いの品々 です
また 救いの地 の 情 報 です
それらの 紹介 と 頒布 を 通じて 救われるべき人々の  
救いのサポートを する サイト です 御 活 用 下さい
   Ave Ave Ave Maria Ave Crux   

 なお このブログは 仙骨のロザリオ社 が 運営しています
 仙骨のロザリオ社の 住所 と 電話番号は 次のとおりです
 郵便番号 7 9 1 - 8 0 2 5    
 松山市 衣山 4 丁目 6 5 8 - 2 第 9 0 杉 フラット 5 0 6 号  
 仙 骨 の ロ ザ リ オ 社  主 宰 横 尾 章 信  ( 愛 称 ラファちゃん ) 
 電話番号は 0 8 0 ー 9 8 3 7 ー 1 7 0 7 です   
 御用の方は まず 電話して ください         
             Ave Ave Ave Maria    Ave   crux  


聖心の油 ー 塗り用 を 発表します

img096
写真が 貴重な 聖心の油 ー 塗り用 です
ー 貴重な品物ですので 大切に使って下さい ー
一般の商品とは 別世界の 天啓の品物 です ー
その為 通常の販売は できませんので
御希望の方の 御寄附 を 募って 謝礼として !!!
進呈するという 形を とらせていただきます !!!
・・・ この天啓の品物の 素晴らしさは !!! ・・・ 
・・・ 実際に体験しないと 分かりません !!! ・・・
天の癒しの御力に 溢れた 品物ですので !!!
天の霊性の持ち主が 使用すれば
その 天啓の御力が より 実感できます !!!
御希望の方は 電話にて !!! お申込みください
詳細を お話し します !!!
電話番号は  0 8 0 ー 9 8 3 7 ー 1 7 0 7 です
   Ave   Ave   Ave   Maria     Ave   Crux 
rosary-1007017-1
いずれ 天の霊性の人には
その 素晴らしい天の御力を 発揮して !!!
癒してくれる 飲用の 聖心の油 も 紹介します
より 一般的な 塗り用 と 共に
合わせて 品物の概略の状態を 紹介します
写真の ロザリアは これら 聖心の油を
好きなだけ 無尽蔵に 無制限に !!!
増やして !!! 使う 事が できる 幸いな女性です
貴女も 貴方も 決意次第で そうなれます !!!!!!!
  Ave  Ave  Ave   Maria    Ave   Crux  

sazanka-r-p-7
この 艶やかなサザンカの大輪の花のように
天の恩寵の品物のひとつ = 聖心の油 を
好きなだけ 使える 天の霊性の人は !!!
何と 何と 幸せな人でしょう !!!!!!! ・・・
今回は より多くの 救われるべき日本人に !!!
尊い 聖心の油 を 知って いただく為に ・・・ 
お求めやすい 御寄附の金額を 設定しました !!!
冒頭の写真は 塗り専用の 聖心の油 ですが
約 1 0 0 g の 重量が 入っています
二人で使うと 通常の使い方で 約 1ヵ月 使えます
少量ずつ 出るフタが ついていますので ・・・
こぼさないように 大切に お使いください ・・・
いずれ 紹介する 飲用の聖心の油とは
完全に 使い分けて ください ・・・

お求めになりたい方は まず 電話してください !!!
御寄附の方法は 以前 紹介したとおり ・・・
なるべく 手渡しで いたしますが
遠方の方で 御来室が 困難な方は 銀行振込か
現金書留で 御寄附の金額を お送りください
その際 手渡しの方は 御寄附が 5000 円 を
銀行振込と現金書留も 御寄附が 5000 円 を
申し受けます !!! ・・・
( 聖心の油の送料は 着払いです)
( 聖心の油をクロネコヤマト便で 送付します ) 

いずれにしても まず 電話してください !!!
・・・ これが 肝心な事ですが ・・・
・・・ その際に ・・・
御本人の霊性も 簡単に 確認いたします !!!
・・・ 天の恩寵の品物である 聖心の油は !!! ・・・  
天の霊性の人に ふさわしい品物です !!! ・・・

・・・ 天の霊性の人が 使えば !!! ・・・  
素晴らしい 素晴らしい 天啓の癒しの御力が !!!
発揮されます !!!!!!!  ・・・・・・・
   Ave  Ave  Ave   Maria    Ave   Crux 
roubai-7a
写真の 寒風の中で 咲く けなげな ロウバイ の
ように 聖心の油は 貴女と貴方の
終生の天の恩寵の品物となりましょう !!!!!!! ・・・
  Ave  Ave  Ave   Maria   Ave  Crux
05310a89
写真は 春の使者 = カイドウ の 優しく 艶やかな花
改めて 仙骨のロザリオ社 及び
「 久しく待ち望まれた 救いの小道 」 の
電話番号・住所・銀行振込口座 を しるします

電話番号 0 8 0 ー 9 8 3 7 ー 1 7 0 7
住所  郵便番号  7 9 1 ー 8 0 2 5
         松山市 衣山 4 丁目 6 5 8 ー 2
         第 9 0 杉 フラット  5 0 6  号 
 ( 郵便物は 必ず 書留にしてください ) 

    ( 666の悪魔勢力の創禍Xx怪の )
   ( 盗み見 盗難防止の為 )  

銀行口座  愛媛銀行  松山中央市場出張所
       普通預金 No  3 4 2 6 7 0 0 
               名義人 久しく待ち望まれた救いの小道

         ・・・ いずれにせよ ・・・  
         ・・・ まずは 電話してください !!! ・・・  
         ・・・ 貴女と貴方が !!!  ・・・    
      ・・・聖心の油 に ふさわしい人で ・・・
・・・ 尊い聖心の油で 癒されますように !!! ・・・ 
     Ave  Ave  Ave   Maria    Ave   Crux  

 
  

marian-1707-777a
写真は 太陽の奇跡の輝き ー 十字架が 見えますか ?
救いに至る生活としては まず 食生活が ありますが
さらに 大切なのは 霊的生活です !!! ・・・
これらの 実践的な 方法 品物 技術 等々の面で
仙骨のロザリオ社が 永年に渡り 蓄積してきた
貴重なノウハウを 開陳しましょう !!! ・・・
・・・ その訳は ・・・
・・・ 黙示録の艱難の時が 迫っており !!! ・・・  
・・・ 救われるべき天の霊性の日本人が ・・・ 
・・・ 一人でも多く 救われて欲しいから !!! ・・・
・・・ これらの実践的な方法 品物 技術 !!! ・・・ 
・・・ そして 霊的生活の方法等を 実践できる 
・・・ 救われるべき一人に !!! ・・・
・・・ 貴女や貴方が なってほしいから !!! ・・・ 
  Ave  Ave  Ave   Maria    Ave   Crux
ararat-5165m-a
写真は ノアの箱舟が 天の御摂理で 導かれて
漂着した アララト山 ( 5165m 5+1+6+5 = 1 7 ) 
   ( ユーラシア旅行社様の写真から拝借 )
事実上 この記事の内容を 実践できる人は
天の御摂理にかなう 救われるべき人です !!!
・・・ ちょうど 写真のノアの箱舟に乗り !!! ・・・ 
アララト山に 漂着できた 救われた人々のように !!!
それは 黙示録の艱難の時を 生きる 
救われるべき日本人が 実践する方法です !!!
  Ave  Ave  Ave   Maria    Ave   Crux 
rainbow-17r
写真は 天空高く架かる 壮大な虹の競演 ー 松山市
人間生活の飲食物は むろん 大切です !!!
・・・ 中でも 飲料水が 最も大切です !!! ・・・
・・・ 飲料水は 何にするのか ? ・・・
・・・ もちろん 決まっています !!!!!!! ・・・
ラファちゃんの水 = 天啓の救いの水 です !!!
・・・ この ラファちゃんの水を !!! ・・・  
・・・ 好きなだけ 無尽蔵に 無制限に 増やし ・・・ 
使える人になる事 ・・・ これが 肝心な事です !!!
この事が 救われるべき人になれるか 否か を
決定します !!! ・・・ なぜなら ・・・
ラファちゃんの水が 救いの生活の基盤ですから !!!
以下に 具体的な実践方法・品物・技術・等々を
順次 開陳していきます    ( 今回は ここまで )

  Ave  Ave  Ave   Maria    Ave   Crux 

↑このページのトップヘ